中川クリニックお問い合せ

大阪府泉北郡忠岡町
忠岡東2丁目22番15-13号

TEL:0725-22-1611

中川院長のイラスト画像

小児科

子どもの風邪引きは大人のそれとは違います。赤ちゃんは無菌状態のお母さんのお腹から生まれ、無数の細菌やウイルスに満ちた世界にやってきます。乳幼児の風邪引きは、これらの細菌やウイルスとの初めての出会いです。大人だと以前出会ったことのある敵に対しては2〜3日で急速に抵抗力が増強するのですが、子どもの初めての出会いの場合は、抵抗力がそのレベルに達するのに2〜3週間かかるのです。ですから、子どもの風邪引きは長引いたり、重症になることが多いので、大人の風邪引きに比べ手厚い治療、養生が必要なのです。

下記の専門外来は予約制で、pm 4:00 〜 5:00 にしています。設定されている曜日、時間がご都合の悪い場合は御相談に応じます。
夜尿外来 月曜
いつごろから夜尿しなくなるかは個人差が大きくて、6歳までは病気として扱いません。6歳以後も夜尿が続く‘夜尿症’の患者さんも、体に病気があって夜尿が起こるごく一部の患者さん以外は、睡眠中の尿産生や排尿のコントロールの発達が人より遅いだけで、いつか自然になくなります。しかし、年齢が大きくなるにつれ、毎日お布団を干すお母さんも疲れてストレスを感じてきますし、小学校5〜6年になると、修学旅行など社会的問題もでてきます。夜尿外来は、生活の工夫や薬、夜尿アラームなどで、ドライな日を増やして本人と家族のQOLを改善し、少しでも早く卒業する手助けをすることを目標にしています。
予防接種外来 火曜
公費で行う定期接種;ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン、B型肝炎ウイルスワクチン(定期接種は2016年4月1日以降生まれ、1歳未満)、4種混合ワクチン(ジフテリア、百日咳、破傷風、不活化ポリオ)、麻しん、風しん混合ワクチン、水痘ワクチン(1歳以降、3歳未満)、日本脳炎ワクチン、子宮頚がん予防ワクチン;は、忠岡町在住の方のみ無料です。BCGは保健センターで接種します。子宮頸がんワクチンは最近希望されない方が多いですが、身近な方が子宮頸がんになられたなどで希望される方には実施しています。成人肺炎球菌ワクチンもしています。
下記任意接種も行っています。ロタウイルスワクチンは当院では、5価ロタウイルスワクチン;ロタテックを使っています。1回7,700円3回接種です。生後2か月から開始して、生後32週までに3回目を接種し終わらなければなりません。この時期多くの定期接種があり、また、ロタウイルスワクチンは生ワクチンなので、次のわくちん接種まで4週間開ける必要があるので、実施スケジュールを組むのが大変です。1回目の接種が遅くならないように注意が必要です。

B型肝炎ウイルスワクチンは、上記対象者以外は定期接種として無料では接種できませんが、医学的には0歳から成人まで接種することが望まれています。任意接種では1回4,000円で3回接種が必要です。小児では、家族にB型肝炎の患者あるいはキャリアーの方がおられる場合を除き、事前の抗体価検査は不必要と考えられています。

水痘ワクチンも上記年齢以外は無料で接種できませんが、医学的には1歳から成人まで接種することが望まれています。水痘に罹った方は不要です。水痘ワクチンは1回6,100円で2回接種です。おたふくかぜワクチンは対象者はおたふくかぜに罹患したことのない1歳から成人までで、任意接種です。おたふくかぜワクチンは1回4,500円で2回接種です。
乳児検診 水曜
公費で行う後期検診(9ヶ月〜1歳未満)は、大阪府下在住の方は皆無料でできます。
4ヶ月検診、1歳半検診は保健センターで実施しています。
6ヶ月、1歳など任意の検診は、御希望により実施しています。費用は1,000円です。
アレルギー外来 金曜
子どものアトピー性皮膚炎では、卵白など食物に対するアレルギーがあることがよくあります。何が原因か調べ、しばらくそれを避けてどんどんアレルギーが強くならないようにします。乳幼児の食物アレルギーは、腸の免疫システムの未熟さが関与していると言われており、多くの場合、小学校に入る頃に軽くなっていきます。急に湿疹がじゅくじゅくしてひどくなった時は、とびひの細菌が関与していることが多いので、調べてみる必要があります。